ホテル管理システム

(Property Management System)

宿泊業界でのPMS(ホテル管理システム) は、「Property Management System(プロパティ・マネジメント・システム)」の略語であり、ホテルの運営管理を支援するソフトウェアです。宿泊者の予約管理、チェックイン・チェックアウトの業務、客室の割り当て(アサイン)、在庫管理や料金管理も行うことができ、顧客情報管理ツールとしても利用可能です。

PMSの主な機能

PMS(ホテル管理システム)の主な機能は、下記のようなものがあります。

  1. 予約管理
  2. 客室予約の受付と管理をし、予約の変更やキャンセルの処理が行えます。

  3. チェックイン・チェックアウト
  4. ゲストのホテルや旅館への到着・出発や、客室の割り当て(アサイン)、キー(客室の鍵)の管理が行えます。

  5. 料金設定と請求管理
  6. 客室料金や追加サービス(オプション)の料金を管理し、請求書や領収書を生成して、ゲストへ発行することができます。

  7. 在庫管理
  8. 客室の空室在庫(部屋タイプ毎の客室・ベッド数)を管理し、宿泊予約との整合性を保つことができます。

  9. 顧客情報管理
  10. ゲストの属性や滞在履歴をデータ管理をすることができ、再予約(リピーター)を獲得できた際、顧客情報を基に、最適なサービスを提供することができます。

  11. レポートと分析
  12. 売上分析、予約数の分析、客室利用率などのデータを集計から帳票出しすることができ、経営判断を補助します。
    ※ ホテル管理システム(PMS)毎によって機能は異なります。

  13. 連携機能
  14. サイトコントローラー、自動精算機、自動釣銭機、財務会計システム、タブレット受付(チェックイン)システム、QRコードチェックイン、清掃管理システム、パスポートリーダー、ルームキー、POSシステムなど、多岐にわたるシステムとの連携が可能であり、情報の一元管理が可能です。

PMS(ホテル管理システム)は、ホテルの運営を効率化し、顧客サービスの向上や収益最大化を支援するシステムです。様々な宿泊施設の規模やタイプに合わせて、最適な機能やカスタマイズが提供されており、現代のホテル業界において欠かせない存在となっています。

国内のホテルが利用しているPMS(ホテル管理システム)として、「NEHOPS」「TAP」が挙げられ、海外のホテルには、「OPERA」が代表的なPMSです。また、昨今では無人ホテル運営を可能とする「suitebook」「HOTEL SMART」「aipass」を、新しいPMSとして導入する宿泊施設も増えております。