サイトコントローラーとは?メリットや機能を紹介

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーとは、複数の宿泊予約サイトをまとめて管理できるシステムです。具体的には、楽天トラベル・じゃらんnet・Booking.com等の宿泊予約サイトに掲載している客室タイプやプラン、予約情報を一元管理することで、宿泊施設の業務が効率化され、ダブルブッキング等の問題を防ぐことができます。

またサイトコントローラーを導入することで、最後の一部屋まで効率的に販売する体制を作ることが可能になり、売上の向上に繋げることができます。

今回はサイトコントローラーとは何か、導入するメリットや機能を詳しくご紹介します。

サイトコントローラーとは?

サイトコントローラーとは

ここでは具体例を挙げて解説していきます。

宿泊施設が抱える問題

サイトコントローラーとは、複数の宿泊予約サイト(OTA)を一元管理できるシステムで、主に宿泊施設が利用します。 宿泊施設は宿泊客を増やすために複数のOTAに情報を掲載したいと考えています。 しかし、OTAの掲載数が増える度に管理が困難になってしまいます。

例えば、OTAごとに管理画面にログインして各種設定を行う必要があり、作業の手間と時間がかかります。 このような煩雑な管理では、実際は満室であるにも関わらず、OTA上では予約が受け付けられる状態になってしまい、ダブルブッキングと呼ばれる、過剰予約のトラブルになりかねません。

また、OTAごとに残室数を分散して掲載すると、残室数が少なくなった場合に販売できない予約サイトができてしまい、売れ残りが発生するリスクもあります。

作業負担軽減のためにOTAの掲載数を減らすことは、販売機会の損失に繋がってしまいますので、宿泊施設にとっては非常に悩ましい問題となります。

解決する仕組み

サイトコントローラーを導入することで、複数のOTAを1つの画面でまとめて管理することができるようになり、予約取得・在庫調整も自動で行われます。

仕組みとしては、一つのサイトで予約が成立すると、連携するすべてのOTAで同じ情報が共有され、他の予約サイトの残室数を自動で減らします。

その結果、OTAごとに管理画面にログインして残室数を調整する必要は無くなり、最後の1部屋まですべてのサイトで予約を受け付けることができるようになります。

つまり、サイトコントローラーを導入すれば、過剰予約や販売機会の損失問題を解決することができます。

導入するメリット

導入するメリットは主に3つあります。

  • 管理業務の効率化とコスト削減
  • 販路を拡大して稼働率と売上向上
  • 販売の最適化で収益を最大化

管理業務の効率化とコスト削減

24時間365日、各OTAで成立した予約情報の取り込みと残室数の調整を自動で行うことができるため、作業が効率化され、人的ミスの軽減でオーバーブッキングを抑止することができます。

また、ホテルシステム(PMS)やRMS(レベニューマネジメントシステム)、スマートロックなどのシステムとのデータ連携により、管理に必要な情報をシームレスに連携することができ、作業フローの統一化で宿泊施設のDX化を実現し、作業に必要な人的コストを削減できます。

販路を拡大して稼働率と売上向上

複数のOTAへの情報掲載したとしても、サイトコントローラーでまとめて管理することができるので、コストを抑えて国内外問わず多彩な販路を拡大でき、 今まで獲得できなかった潜在的な顧客を獲得することができます。

販売の最適化で収益を最大化

効率的な在庫管理を始めとしたサイトコントローラー機能の活用によって、ターゲットへの有効的なアプローチによる稼働率の向上や、 競合施設との差別化を図る的確な価格設定による販売の最適化を実現し、収益の最大化を図ります。

主な機能

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーの主な機能は7つあります。

在庫管理

各宿泊予約サイトに登録している残室の管理を一括で行うことができます。

販売したい客室在庫を各サイト共通で販売し、予約が入ったら連携している全ての宿泊予約サイトの在庫を自動で一括調整します。

電話予約が入った際の手動での在庫調整や、全部屋まとめて手仕舞いなどの設定も可能です。

料金管理

各宿泊予約サイトで販売しているプラン料金の管理を一括で行うことができます。

販売価格を状況に合わせて最適に更新・変更することができます。

予約管理

各宿泊予約サイトで入った予約情報をまとめて管理することができます。

予約が成立するとサイトコントローラーに自動で取り込まれ、日毎や部屋タイプごとに複数の宿泊予約サイトの情報をまとめて確認することができます。

分析機能

各宿泊予約サイトで販売しているプラン料金の管理を一括で行うことができます。

月別や予約サイト別、部屋タイプ別など様々な角度から分析し、販売戦略を立てるのに役立ちます。

外部システム連携

PMS(ホテルシステム)などの外部システムとデータ連携します。

部屋の割り振りなどの客室管理や精算管理、データ分析等を行うために必要な予約情報をサイトコントローラーからPMSへ自動で連携することができます。

PMSで調整した客室在庫や販売価格情報をサイトコントローラーを通じて各OTAに反映させる機能に対応しているシステムもあります。

在庫数アラート

在庫数が設定値以下になった場合、アラート通知することができます。

即座に在庫数を知ることが可能であり、アラート通知の状況を見ながら料金の最適化に活用することができます。

管理画面上での表示だけでなく、メール通知にも対応していると便利です。

デイリー・マンスリーレポート機能

月間の売上・平均稼働率・予約経路のランキングの集計結果を表やグラフなどでリアルタイムに確認することができます。

目標数値を設定することで月間の達成率を可視化することもできます。

導入の流れ

ここではサイトコントローラーを導入する際に、必要な手順を解説します。ぜひ参考にしてください。

  1. 導入する目的を明確にする
  2. 機能ごとに比較
  3. 選出と決定
  4. 運営会社の担当スタッフと打ち合わせ
  5. 運用開始

1.導入する目的を明確にする

サイトコントローラー導入時は、導入する目的を明確にしてから導入するようにしましょう。自社に必要な機能が備わったサイトコントローラーを選ぶことでコスト削減になります。

2.機能ごとに比較

業界のDX化が進むことで、目的に応じた複雑な機能を持ったサイトコントローラーが増えてきました。自社にあった適切な機能を比較し、選定しましょう。

必要な機能が分からない場合は、専門的な意見の言える担当者に相談しましょう。

3.選出と決定

適切な機能の比較を行い、十分に相談したうえで決定します。決定するポイントとしては、実際にサイトコントローラー運営担当者の意見も取り入れ、活用シーンをイメージしやすいようにしましょう。

4.運営会社の担当スタッフと打ち合わせ

サイトコントローラーの決定が終了したら、スケージュールや運営について今後のことを進めていきましょう。

5.運用開始

担当スタッフとの打ち合わせが終われば運用開始です。運用中に問題が起きた際にも対応できるようにしましょう。

導入の注意点

サイトコントローラーとは

主な注意点は3つほどあります。

サポート体制が充実しているか

信頼できる営業担当、対応の素早いカスタマーサポート、技術力のある開発チームが整っていることがサービスであることが大切です。

機能が複雑化しているサイトコントローラーを最大限活用するためにも、専門の知識を持った担当者がいなければなりません。二人三脚で他のホテルや業界の動向などの情報も知ることができます。

次に、サイトコントローラーは設定が間違っていた時の影響が大きいシステムであるため、問い合わせの回答速度は非常に重要です。カスタマーサポートが整っていることで安心してシステムを使用することができます。

また、既存の機能以外にお客様のニーズに合わせた機能の追加をしたいと考えたときに、実現できる開発チームが整っている必要があります。機能を柔軟に相談できそうなサービスを選択しましょう。

多くの導入実績があるか

導入実績が多いと、運営が安定しやすいです。

また、業界の情報をたくさん保持しているので、多角的視点からのアドバイスができます。

使いやすいシステムかどうか

サイトコントローラーは老若男女利用するシステムであり、初めて触る人でも使える無駄が省かれたデザインであることが重要です。

視覚的にわかりやすく簡単な操作で設定できるシステムであると、作業効率もよくなるため使いやすいシステムかどうか注意しましょう。

まとめ

今回はサイトコントローラーとは何かの定義、導入のメリットや機能について解説しました。 サイトコントローラーを導入することで、宿泊施設の業務効率化を図り、売上の向上に繋げることができます。 ホテルの運用に合わせて柔軟に対応できるような機能があることが大切です。 様々な機能がある中で、本記事を参考にして、サイトコントローラーの利用を検討してはいかがでしょうか。

サイトコントローラー「手間いらずTEMAIRAZU」は、わかりやすい画面構成と豊富な機能でやりたいことが簡単に実現できます。 また、気軽に相談できる安心のサポート体制が整っており、初めての方でも安心してご利用できます。

サイトコントローラー導入でお悩みの宿泊施設様は、ぜひ「手間いらず」へご相談ください。