インバウンド

インバウンド(Inbound)とは、日本語で「外から中に入ってくる」「内向きの」という意味があります。コールセンター業界やマーケティング業界などをはじめとした企業全般においても使われている言葉ですが、業界によって意味合いは少し異なります。

日本の宿泊業界でのインバウンド(Inbound)とは、主に「訪日外国人旅行客」を意味します。特に最近の日本の観光業界では、インバウンド観光の重要性が高まっており、外国からの旅行者を受け入れるための取り組みが盛んに行われています。

これには、外国人旅行者向けの情報提供、多言語対応の案内やサービス、文化交流プログラムの提供などが含まれ、観光業界の成長や地域経済への貢献を図るための重要な戦略とされており、国や地域によって異なる規模や取り組みが展開されています。

インバウンドの対義語として「アウトバウンド(outbound)」があります。主に日本人が海外へ行くことを意味します。また日本から海外へ旅行することを「アウトバウンド旅行」といいます。