サイトコントローラーとPMS(ホテル管理システム)の違いとは?

DX化が推進される中で、ホテルや旅館などの宿泊施設ではサイトコントローラーとPMSを活用した効率化が必要となってきています。

本記事では、サイトコントローラーとPMSの特徴を踏まえて、両者の違いについて解説したいと思います。

サイトコントローラーとは?

サイトコントローラーとは、複数の宿泊予約サイトをまとめて管理できるシステムです。具体的には、楽天トラベル・じゃらんnet・Booking.com等の宿泊予約サイトに掲載している客室タイプやプラン、予約情報を一元管理することで、宿泊施設の業務が効率化され、ダブルブッキング等の問題を防ぐことができます。

またサイトコントローラーを導入することで、最後の一部屋まで効率的に販売する体制を作ることが可能になり、売上の向上に繋げることができます。

サイトコントローラーの特徴

サイトコントローラーの特徴は主に三つあります。

  • 宿泊予約サイト(OTA)との連携
  • 宿泊予約の受け付け
  • 宿泊予約の更新

PMSとは

宿泊業界でのPMS(ホテル管理システム) は、「Property Management System(プロパティ・マネジメント・システム)」の略語であり、ホテルの運営管理を支援するソフトウェアです。 宿泊者の予約管理、チェックイン・チェックアウトの業務、客室の割り当て(アサイン)、在庫管理や料金管理も行うことができ、顧客情報管理ツールとしても利用可能です。

PMSの特徴

PMSの特徴は主に7つあります。

  • 在庫管理
  • 顧客情報管理
  • レポートと分析
  • 予約管理
  • 料金設定と請求管理
  • 宿泊プランの料金管理
  • チェックイン・チェックアウト

サイトコントローラーとPMSの違い

サイトコントローラーとは、複数の宿泊予約サイトをまとめて管理できるシステムで、オンラインでの予約や更新を管理します。一方で、PMSはホテルや旅館などの宿泊施設全体の日常運営を効率的にします。

まとめ

今回はサイトコントローラーとPMSの違いについて解説しました。

サイトコントローラーにしかできない部分と、PMSにしかできない部分があり、どちらも宿泊施設の運営には欠かせない存在となっています。

人員不足の解決や販路拡大などをしたいのであれば、本記事を参考にして、サイトコントローラーとPMSの利用を検討してはいかがでしょうか。

サイトコントローラー「手間いらずTEMAIRAZU」は、わかりやすい画面構成と豊富な機能でやりたいことが簡単に実現できます。 また、気軽に相談できる安心のサポート体制が整っており、初めての方でも安心してご利用できます。

サイトコントローラー導入でお悩みの宿泊施設様は、ぜひ「手間いらず」へご相談ください。