IRポリシー

  • IR活動の目的と基本姿勢

    当社のIR活動は、株主を含む一般の投資家、機関投資家、アナリストの皆様に、 当社についての理解を深めていただくことによって、当社の価値を正当に評価していただき、 市場の声を経営に反映することを目的としております。
    そのためにも「迅速」「公平」「正確」「積極的」に当社の経営戦略や財務状況等に関する情報の 発信に努めてまいります。

  • 業績予想および将来の予測について

    当社は、四半期ごとの詳細な業績の開示を行うことにより、 皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。
    当社が発表する業績予想などの将来の予測に関するものは、発表時点での予測であり、 その内容を保証するものではありません。また当社は、 第3者によるいかなる当社の業績予測を支持することをいたしません。

  • 未公開の重要事実について

    当社が行う証券アナリストや機関投資家の方々とのミーティング等で発表される情報は、 既に決算発表などで公開された事実か周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等に限られます。 未公開の「重要事実」等については、当社は一切言及いたしません。

  • 情報開示の方法

    会社法および金融商品取引法等における法律に定められた情報開示については、 法令に定められた方法にて適正に行います。 また、東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報開示は、同規則に従い、 同取引所への事前説明後、同取引所の提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」へ登録し、 速やかに報道機関に同一情報を提供いたします。
    当社ウェブサイトにおける、TDnetにて公開した情報の提供については、 証券取引法および適時開示規則を踏まえ、報道機関に事実を公表し、TDnetへの掲載確認後、 速やかに当該情報の掲載を行うことといたします。ただし、掲載準備の都合等により、 当該情報のウェブサイトへの掲載が遅れる可能性があります。
    適時開示規則に該当しない情報については、証券取引法等の各法令を踏まえて、 適切な方法により当該情報を株主および投資家の皆様に開示する方針であります。

  • IR自粛期間について

    当社は、四半期ごとに行われる各決算発表予定日から遡る一定期間を「IR自粛期間」と定め、 この期間中は当社の役職員は業績の見通しや成果、 あるいは予測についてのコメントをすることを控えさせていただくと共に、 個別ミーティングアナリスト説明会、セミナー、カンファレンス・コール等の開催または参加を いたしません。